20世紀最大の発明

  • 2010/11/15(月) 08:05:53

飛行機、携帯電話、インターネットと並んでネットワークビジネスは20世紀最大の発明のひとつといわれています。

ネットワークビジネスは、発祥地のアメリカでは、MLMと呼ばれています。マルチ・レベル・マーケテングの略ですね。

では、なぜ日本ではMLMという呼称を使わずにネットワークビジネスという言葉をつかうのでしょうか?

日本にMLMが、最初に導入されたのは1973〜1974年のことで、団塊の世代の若者を中心に爆発的に広がったのですが、悪徳商法に利用されることが多く、100万人もの犠牲者を出し、政府が介入し規制を強化して、やっと犠牲の増加を食い止めたという苦い過去を持っています。そのため、マルチ商法、またはマルチまがい商法の呼称が悪徳商法を意味することになってしまったのです。

その後遺症がいまだに痕を引いているため、35年近く経った現在でもマルチの名を聞いただけで毛嫌いし身を竦める人が多いため、せっかくの健全な直販システムが誤解されたまま消費者が利益を享受できない状態になっています。

さらに、ネットワークビジネスの法律上の定義が「連鎖販売」となっていることが誤解に輪を掛け、「無限連鎖販売」である「ねずみ講」と混同されてしまう結果を生んでいます。

「ねずみ講」は参加したり勧誘するだけで有罪になる法律違反ですが、「連鎖販売」はいわゆる「口コミ」による販売のことですから法律違反ではありません。

違反ではありませんが違反ギリギリのところをうまくやろうという傾向があることは確かです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

大分ギャルフリマ

大分ギャル専門フリマサイト登場♪

香川県 - ペニーオークション

あなたが欲しかったあの商品を手に入れる最大のチャンス!

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する